天使のお絵かき会について

天使のお絵かき会は

流産や死産、誕生死、新生児死などで突然お別れした赤ちゃんとゆっくり向き合う時間です。

札幌市で活動しています。


1か月~2か月に1回、天使ちゃんのアートを描きます。

祥月に描きたいなど、日程のご要望もお伺いしています。

赤ちゃんのことは話しても話さなくてもOK。


はじめてパステルを描く方でも大丈夫。

上手に描くことではなくて、赤ちゃんと会話をしたり思い出したりしながら、ゆっくり丁寧に描きましょう。


ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー

▶場所:おうち教室または地区センターなど

▶日時:ご相談ください

▶人数:1~5名

▶参加費:2,000円

▶かかる時間:2時間程度(途中で終わってもOK)

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー

※おうち教室は地下鉄澄川駅から徒歩3分です。

お申込み後に詳細をお伝えしています。


天使のお絵かき会

E-mail ▶ 104.no.oekaki@gmail.com


私は心拍の確認できない流産を3度経験しました。

心拍が確認できない状態って、

赤ちゃんなの?赤ちゃんの前の出来事?なのか…

どこに想いを寄せたらいいのか、

とてもぼんやりしていました。


パステルと出会い、

天使アートと出会い、

自分の中にしかいない赤ちゃんを

天使ちゃんとして表現できて、

気持ちを込める時間が作れるようになり、

とても嬉しく感じました。



私は、今、2人の子どもに恵まれ夫と4人で暮らしています。

それでも、生まれてくることが出来なかった赤ちゃんが

気になって仕方ありません。

とても会いたかった。

私はあのときママになるはずだったという想いはなくなりません。

パステルの天使ちゃんが、そんな私の気持ちに

すっと入ってきてくれました。



私は3人の天使ママ。

そう思ってこの会を立ち上げました。


天使のお絵かき会 代表 たけむらまなみ


天使のはぐの会

「天使のはぐの会」を応援しています。

「天使のはぐの会」は流産や死産で大切な赤ちゃんと亡くした天使ママの会。

小さな小さなベビー服やおくるみを作っています。


サイトにはお別れまでにしてあけられることが丁寧にまとめてあり、

いつ、どの病院でお別れすることになっても
パパとママ(と家族)が『天使になったわが子(妹・弟)にしてあげたいこと』を選べるようになってほしい

という想いで活動をされています。

医療機関の方にもぜひ、知っていただきたい活動です。



「天使のお絵かき会」はおうち教室のパステルアートメニューをひとつの会として立ち上げたものです。気楽にパステルを描きたい方も、お気軽におうち教室にお越しください☆